天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 11月19日 試合結果 サクラナイツ内川が2連投2連勝の大活躍!

第1試合の出場選手はこちら

東家:渋谷ABEMAS 日向藍子
南家:赤坂ドリブンズ 鈴木たろう
西家:KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎
北家:UーNEXTパイレーツ 瑞原明奈

東場の展開

東1局、3巡目に瑞原プロが三色のカン2pリーチ。

9mポンからホンイツに向かっていたたろうプロは東を暗刻にすると、ホンイツではなくドラの2s単騎テンパイに取る。

この選択が功を奏し2sをツモアガり、1300-2600のアガりを決める。

東2局、内川プロが自風の南を仕掛けてドラも三枚という手牌。
しかし内川プロのテンパイより先に瑞原プロがテンパイし先制リーチ。

ツモって裏一枚乗っけて1300-2600のアガりとなった。

東3局は親番の内川プロが中盤に先制リーチ。

終盤、瑞原プロが1-4sのリャンメンテンパイで追いつく。
3mを切れば一通という牌姿だったが、内川プロのリーチを警戒して現物の9m切りリーチを選択した。

しかし、瑞原プロが内川プロのアガり牌である7pを引き放銃。3900の失点となった。

東3局1本場では逆のことが起こる。
瑞原プロが白を仕掛けて、ピンズのホンイツをテンパイ。

これに内川プロが追いついてリーチをかけるが、宣言牌の8pが瑞原プロのアガり牌。
3900の放銃となった。

東4局は内川プロがまたも先制リーチ。
しかし、4連形を活かして良形変化を待っていた日向プロが、そのままの形でツモアガり。1000-2000のアガりとなった。

たろうプロがトップ目だが、この時点でまだ全員が2万点台という非常に均衡した展開となった。

南場の展開

南1局、南家のたろうプロが南を暗刻にして、6s8sのシャンポンテンパイ。
しかし、日向プロ内川プロからの2軒リーチに挟まれる。

だがここで終わらないのがゼウス。7sを引き入れて南を切りカン7sのテンパイを取ったかと思うと、次巡も7sでなんと2軒リーチをかわしてツモアガり。

2000-4000のアガりとなり一歩抜け出した格好だ。

南2局は流局を1回挟んで1本場。ここで内川プロが凄まじいアガりを見せる。

内川プロは6巡目で高目三色のタンヤオピンフドラドラ赤という高目ツモなら倍満のテンパイをダマで入れる。

しかし、日向プロが4-7pのピンフイーペーコーのリーチ。

内川プロは一発目で7pを掴むが、2234567pから日向プロの現物の2pを切り1-4-7p待ちに振り替えてリーチという回避を見せる。

瑞原プロもリーチに来るが競り勝ったのは内川プロ。

7pをツモアガり、裏を三枚乗せてなんと三倍満のアガりに仕上げた!これで内川プロは一気にトップ目となる。

youtu.be
南3局は瑞原プロがカン7pで先制リーチ。
日向プロはピンフのテンパイを入れていたが、掴んだのが7p。

瑞原プロに放銃し2600の失点となった。

南4局はラス目の日向プロが着順アップの手をきっちり決め、2000-4000のアガりで3着浮上とした。

第1試合の結果はこちら

1位 サクラナイツ 内川幸太郎  42900(+62.9pt)
2位 ドリブンズ 鈴木たろう      24000(+4.0pt)
3位 渋谷ABEMAS 日向藍子      19900(-20.1pt)
4位 パイレーツ 瑞原明奈          13200(-46.8pt)

全体的に競った展開だったものの、内川プロの南場の三倍満のアガりが非常に大きくトップを獲得した。

これで内川プロは今期初トップとなった。
2着には放銃が0回だったたろうプロが滑り込んだ。


第2試合の出場選手はこちら

東家:赤坂ドリブンズ 村上淳
南家:渋谷ABEMAS 白鳥翔
西家:UーNEXTパイレーツ 小林剛
北家:KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎

東場の展開

東1局、まずは小林プロがリーチツモ三色の2000-4000をツモって先制する。

続く東2局も小林プロのターン。軽く南を仕掛けて、白鳥プロから1000点のアガりとした。

流局を1局挟んで、東3局1本場。
村上プロが4-7pの先制リーチをかけるものの、終盤に内川プロがピンフドラ1で追っかけリーチ。

なんとこれを一発でツモアガり。2000-4000のアガりとした。

東4局、親番を迎えた内川プロはなんと4巡目にピンフドラ3のリーチをかける!

これに振込んだのが村上プロ。安全牌がなく、ワンチャンスの2pを切った格好だ。
裏は乗らなかったが12000の手痛い放銃となった。

東4局1本場では内川プロが中盤に先制リーチをかけてツモアガり。さらに2000オールを決めて50000点超えのトップに立つ。

東4局2本場でも内川プロが先制リーチ。ダブ東暗刻の破壊力抜群のリーチだ。

しかし、待ったをかけたのが白鳥プロ。147pの三面待ちで追っかけて、1000-2000のツモアガり。なんとか内川プロの親番を終わらせた。

東場は内川プロが47400点と大きなトップ目で終了した。
2着には放銃のなかった小林プロが28600点で続く。

南場の展開

南1局、親番はここまでラスに沈んでいる村上プロ。
なんとかテンパイにたどり着き連荘にかけたが、小林プロがタンヤオの仕掛けで白鳥プロから2000点の直撃。

これで村上プロの親が流れることになり、村上プロとしてはかなり苦しい展開となった。

南2局ではトップ目の内川プロが発を仕掛けて1000点のアガり。局を1局消化した。

南3局、親番は小林プロ。タンヤオで仕掛けてカン3sのテンパイを入れる。

そこに白鳥プロが追いつき、リーチ。さらにラス目の村上プロがツモり四暗刻のテンパイ!

リーチを宣言するも宣言牌は小林プロのアガり牌。1500のアガりで連荘となる。

南3局1本場では白鳥プロの手牌が大転回。
南・中・赤の5200のリャンメンテンパイから、トイトイに受け変え。

そこからさらにホンイツにもう1度移行し、フリテンの346s待ちに。
これをツモアガり、2000-4000。2着の小林プロとの差を詰めた。

ただ南4局では村上プロが素点回復のアガり。順位には変動なく終了となり、内川プロは連投で2連勝を達成する結果となった。

第2試合結果はこちら

1位 サクラナイツ 内川幸太郎 44300(+54.3pt)
2位 パイレーツ 小林剛          29000(+5.2pt)
3位 渋谷ABEMAS 白鳥翔       26700(-19.5pt)
4位 ドリブンズ 村上淳                  0(-60.0pt) 

2試合連続の出場となった内川プロだったが、見事2試合連続のトップを獲得!

2着には1半荘通して放銃のなかった小林プロが入る形となった。

また、村上プロは今日のラスで6度目のラス。なんとか盛り返しをはかってほしい



第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果がこちら。

1.EX風林火山        +513.2pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +322.9pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +72.4pts
4.渋谷ABEMAS                           -75.7pts 
5.赤坂ドリブンズ            -75.8pts
6.UNEXTパイレーツ                   -199.6pts
7.セガサミーフェニックス        -220.3pts
8. TEAM雷電                               -337.1pts

本日のゲームは中間順位の4チームが顔を合わせての対局だったが、サクラナイツの一人勝ちとなった。

内川プロの2連勝で今日は合計+127.2pt。
また、内川プロが2連続トップということで、他3チームは全てマイナスポイントとなった。

この結果、サクラナイツが3位に浮上!ABEMASとドリブンズが一つ順位を下げる結果となった。

上2チームは抜けた感じがあるが、残りのチームはまだ全く分からないといっていい。
サクラナイツがこのままポイントを増やしていけるのかに注目だ。



天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

 

前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

top3776.hatenablog.com