t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 12月17日 試合結果 サクラナイツ内川がハネツモ条件を満たす劇的トップ!ABEMAS日向が今シーズン初トップ

f:id:cjr14137:20211217215333p:plain

youtu.be

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

第1試合の出場選手はこちら

東家:渋谷ABEMAS 日向藍子
南家:KADOKAWAサクラナイツ 沢崎誠
西家:UーNEXTパイレーツ 石橋伸洋
北家:セガサミーフェニックス 茅森早香

東場の展開

東1局、親番日向にダブ東、中がトイツの配牌。これが両方あっさり鳴けてテンパイ。石橋からアガり、5800を決める。

そして長い長い東1局が始まる…。

東1局1本場、石橋が4巡目にリーチ。これに日向がまっすぐ手を進め、高め三色で追っかけリーチ。結果2人テンパイで流局。

東1局2本場、沢崎が一通ドラのカン4mをダマテンに受ける。しかし、4mが茅森にカンツでジリジリと場が進む。

そうこうしているうちに日向が8sをポンして中バックのテンパイ。流局かと思われたが、終盤石橋がテンパイしリーチ。この宣言牌が中で日向のアガり。1500で連荘となる。

東1局3本場、日向が3-6-9mの先制リーチ。ここに赤赤の茅森が追いついてリーチ。しかし、軍配は日向。3mを茅森から打ち取り、7700を加点。

東1局4本場、日向がドラの発を雀頭にしての6-9sリーチ。高目9sならチャンタ三色と、高目と安目で4翻変わる。

ここに石橋がピンフ赤1で追っかけリーチ。しかし、石橋がラストの6sをつかみ、日向に放銃。裏が1枚で12000のアガりとなりさらに連荘。石橋はずっと放銃に回っている。

東1局5本場、石橋が先制リーチを打つも、日向が終盤にテンパイを入れ2人テンパイでの流局。

東1局6本場、日向がダブ東ポンから12000のテンパイを入れる。沢崎もタンヤオ赤赤のテンパイを入れるが、競り勝ったのは日向。4000オールのアガり。

東1局7本場、茅森がリーチツモドラドラで2000-4000のアガり。ようやく東1局が終わった。この時点で日向が7万点超えのトップ。

東1局が7本場まで続いたのはMリーグ史上初の出来事だった。

東2局、茅森が自風の西をポンしてマンズのホンイツの仕掛け。親番沢崎も喰いタン赤ドラの仕掛けで手を進める。

石橋がドラ単騎のチートイツをダマで待っていたが、茅森に3mが切れず、3m単騎でのリーチを敢行。しかし、結果は沢崎のアガり。2000オールをツモって連荘。

東2局1本場、茅森が赤5sを引き入れての3-6-9sリーチ。沢崎もテンパイを入れるが、茅森がそのままツモアガり。2000-4000のアガりに仕上げる。

東3局、日向が先制リーチも、親番石橋が追っかけリーチ。日向が一発で石橋のアタリ牌をつかみ放銃。石橋が18000のアガりでハコ下から回復した。

東3局1本場、石橋がソーズを仕掛けてホンイツテンパイ。しかし、日向もタンヤオで仕掛ける。これを茅森からアガり1000点。石橋のチャンス手をつぶした。

東4局、親の茅森が1枚目の白をスルーしてから、6m白のシャンポンリーチ。
このリーチに沢崎が中スジの6mを打って放銃。茅森が7700のアガり。

東4局1本場、沢崎がピンズのホンイツテンパイだが1人テンパイで流局。これで南入した。

南場の展開

南1局2本場、終盤に石橋がピンフドラ1でリーチ。沢崎も赤5p単騎のリーチで追いかける。茅森もテンパイを取り切り、日向1人がノーテンで流局。

南2局3本場、親の沢崎が3-6mの先制リーチ。ここに石橋がカン2sで追いかけるが沢崎がツモアガり。4000オールで沢崎は2着目に浮上。

南2局4本場、石橋が3-6pノベタンで先制リーチ。沢崎も最終盤にタンヤオのカン6mテンパイでツモ番なしのリーチ。しかし2人テンパイで流局した。

南2局5本場、日向がイーペーコー赤のカン4sテンパイをダマテン。これを茅森からアガり2600。局を進めた。

南3局、ラス目の石橋の親番だったが、茅森が5巡目にピンフ赤ドラの先制リーチ。これをツモって2000-4000。今度は茅森が2着に浮上した。

南4局、沢崎がカン2mの役無しテンパイをダマ。ツモなら茅森をかわして2着浮上だ。しかし、そこへ日向が4-7sでリーチ。勝負を終わらせにきた。

親番茅森が南をポンして中と9pのシャンポンテンパイを入れるが、終盤日向に放銃。日向が8000のアガりでトップを決めた。

第1試合の結果はこちら

1位 ABEMAS 日向藍子        51300(+71.3pt)
2位 サクラナイツ 沢崎誠      27300(+7.3pt)
3位 フェニックス 茅森早香 20700(-19.3pt)
4位 パイレーツ 石橋伸洋         700(-59.3pt)

東1局でアガりまくった日向が、そのリードをなんとか守り切り今シーズン初となるトップを獲得!

2着には茅森との争いを制して沢崎が滑り込んだ。

日向の初トップの感想はこちらから。

youtu.be

サクラナイツ第1試合感想戦はこちら。

youtu.be


第2試合の出場選手はこちら

東家:UーNEXTパイレーツ 小林剛
南家:セガサミーフェニックス 東城りお
西家:KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎
北家:渋谷ABEMAS 白鳥翔

東場の展開

東1局、親番小林が赤5pを切ってのペン3pリーチ。現物が5pしかない白鳥が赤5pのまたぎ、かつリーチ後に切られた6pのスジで3pを打ってしまう。小林が12000のアガりを決めて一歩リードだ。

東1局1本場、白鳥がイーシャンテンからドラの西を切る。これを西家の内川がポン。親番小林もタンヤオで仕掛ける。

白鳥が先制リーチにいくが、結果的にアガッたのは小林。白鳥から2900のアガり。

東1局2本場、東城が自風の南をポンして4-7sのテンパイ。親の小林も9mをポンしてマンズのチンイツをテンパイ。

東城がドラの白を持ってくるが、強気に切ってテンパイを維持。次巡に東城がツモアガり、500-1000。小林の親番を終わらせた。

東2局、白鳥が発のポンから5-8sのテンパイ。しかし、親番東城が赤赤ドラのリーチ。白鳥はオリに回り、東城の1人テンパイで流局。

東2局1本場、内川が白中を仕掛けてピンズのホンイツへ。小林もドラドラ赤で喰いタンで仕掛けていくが、終盤ピンズを止めてテンパイを外す。内川の1人テンパイで流局。

東3局2本場、東城がタンヤオで仕掛けて4-7pテンパイ。そこに小林が赤赤のリーチ。東城が小林のアタリ牌をつかみ放銃。小林が5200のアガりとした。

東4局、内川が4巡目にテンパイし即リーチ。一発ツモで1000-2000のアガりで南入した。

南場の展開

南1局、白鳥が白をポンすればテンパイの手牌からスルーして、白を暗刻にしてリーチ。内川から2pを打ち取り、2600のアガり。

南2局、内川が4-7mで先制リーチ。しかし、1人テンパイで流局。

南3局1本場、小林が2mをポンしてタンヤオテンパイ。内川も速度を合わせて仕掛けかえしてテンパイ。小林が内川のアタリ牌の5sをつかむ。

8sと入れ替えることもできたが、内川の切り順を見た小林は8sのほうを警戒。5sをそのまま打ちだし放銃。内川が1500をアガり連荘。

南3局2本場、小林が発をポンしてテンパイ。これを東城からアガり1300。

南4局、3着目の東城が中をポンして試合を終わらせに向かう。しかし、ラス目の親番白鳥が白と東をポン。67pのターツを外してマンズのホンイツへ向かい、9m単騎の12000のテンパイ。

ハネマンツモでトップの内川。9mを止めて一旦回っている間に、白鳥が発単騎に振り替えたところで9mを打ち出す。

内川は残りツモ番1回のところでリーチ。ドラ3の手でツモれば逆転。一発となるハイテイツモは赤5m。これでツモアガり4000-8000。内川が大逆転のトップを決めた。

第2試合結果はこちら

1位 サクラナイツ 内川幸太郎 48500(+68.5pt)
2位 パイレーツ 小林剛           38900(+18.9pt)
3位 フェニックス 東城りお    14900(-25.1pt)
4位 ABEMAS 白鳥翔                -2300(-62.3pt) 

内川がハイテイ一発ツモのアガりでハネツモ条件を満たし大逆転のトップを獲得!
終盤までリードしていた小林は悔しい2着となった。

サクラナイツ2戦目控え室の動画はこちら。

youtu.be


第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果

1.EX風林火山        +337.2pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +299.5pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +118.0pts
4.渋谷ABEMAS                            +56.1pts
5.U-NEXTパイレーツ                  +33.0pts
6.セガサミーフェニックス        -79.6pts
7.赤坂ドリブンズ            -186.6pts
8. TEAM雷電                               -577.6pts

1試合目はABEMAS日向が東1局で7本場積んでのトップ、2試合目は内川がハネツモ条件を満たした劇的トップと、面白い展開の試合が2試合続いた。

3位から6位が団子の展開は変わらず。順位の変動に目が離せない。

サクラナイツ試合後メッセージはこちら。

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事