天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 11月23日 試合結果 滝沢のトップ、二階堂姉妹の連続2着で上位と下位の差が開く結果に

第1試合の出場選手はこちら

東家:EX風林火山 二階堂瑠美
南家:渋谷ABEMAS 白鳥翔
西家:KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人
北家:赤坂ドリブンズ 園田賢

東場の展開

東1局、親の瑠美プロがダブ東を仕掛けて、高め三色の3-6sのテンパイ。
そこに寿人プロからリーチドラ1のリーチが入る。

アタリ牌をつかんだのは瑠美プロ。高め5800のテンパイということで勝負にいき2600の放銃となった。

東2局、親の白鳥プロがリーチを打つが流局。続く1本場、さらに白鳥プロが先制リーチ。

ドラの9mと3pのシャンポンという破壊力のあるリーチだ。
そこに園田プロも6-9mのリーチで対抗するが、軍配は白鳥プロ。

ドラの9mをツモり、6000オールのアガり。一気にリードを広げた。

東2局2本場、ドラの5mを3枚持っている園田プロが中を仕掛ける。
そこに瑠美プロが2-5p待ちのリーチのみの手でリーチ。

満貫手のイーシャンテンだった園田プロは5pを勝負し放銃。
なんと裏が2枚で5200のアガりとなった。

東3局は仕掛け合戦。親番の寿人プロ、園田プロ、瑠美プロの3者が仕掛ける。
勝ったのは瑠美プロ。500-1000のアガりでさばく。

東4局、白鳥プロが先制リーチ。そこに寿人プロが危険牌を押して追っかけリーチにいくが結果は流局。園田プロの親番が流れた。

東場は白鳥プロの6000オールが強烈で47300のトップで南入。ラス目は園田プロで9100。

南場の展開

東4局が流局で終わったため、南場は南1局1本場で開戦。
白鳥プロが仕掛けて6sで片アガりのテンパイを入れる。

そこに追いついたのが園田プロ。1-4mのリーチを打つ。
白鳥プロは園田プロのアタリ牌をつかみ、オリ。流局となった。

親は流れて南2局2本場。園田プロの魔術が炸裂!

f:id:cjr14137:20211123215932p:plain

ドラは9s。

この手牌なら通常の打ち手であれば単独の3mを切るところ。
しかし、園田プロは8m→6mと切っていき、カン7mターツ払いを選択。

ここから手牌は変化していき、白をポンして25m待ちのテンパイを入れる。
瑠美プロも仕掛けてオナテンの25mタンヤオテンパイ。

ここで園田プロが白を加カン。すると新ドラは雀頭の5p!これで満貫テンパイに。

そしてリンシャン牌を引くと、なんと赤5m
リンシャン白ドラドラ赤赤というとんでもない3000-6000を作り上げてみせた。

www.youtube.com

この動画内で8mを切った理由を語っているが、8mを外してカン7m以外の様々なツモに対して対応したい、という考えのようだ。

例えば2s引きであるとか、赤5pへのくっつきなど、全てを残すための8m切りだ。


南3局、瑠美プロがソーズのホンイツで仕掛ける。
一方、親の寿人プロは南をポンして5800テンパイ。ここに園田プロが放銃した。

南3局1本場、瑠美プロがピンフのリーチを一発ツモ。1300-2600で微差だが2着目に浮上しオーラスへ突入。

南4局、親番の園田プロが赤ドラ持ったリャンメンリーチ。
寿人プロもドラ雀頭の勝負手だったため、8mを勝負して放銃。

裏1枚で12000のアガり。園田プロが白鳥プロを猛追する。

南4局1本場、瑠美プロが発をポン。白鳥プロがピンフのテンパイを入れるが、瑠美プロもソーズのホンイツに向かい、1247sの4面待ちをテンパイ。

ここでイーシャンテンの園田プロが7sを勝負し、8000放銃。
瑠美プロが2着に浮上した。

第1試合の結果はこちら

1位 渋谷ABEMAS 白鳥翔          38700(+58.7pt)
2位 EX風林火山 二階堂瑠美     31200(+11.2pt)
3位 ドリブンズ 園田賢              23200(-16.8pt)
4位 麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人 6900(-53.1pt)

東場で親のハネマンをツモアガッた白鳥プロがそのリードを守り切りトップ。
2着にはオーラスで着順アップのアガりを見せた瑠美プロが入った。


第2試合の出場選手はこちら

東家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 滝沢和典
南家:赤坂ドリブンズ 丸山奏子
西家:EX風林火山 二階堂亜樹
北家:渋谷ABEMAS 日向藍子

東場の展開

東1局は滝沢プロの独壇場。
終盤に亜樹プロが先制リーチ。しかし、さらに最終盤に滝沢プロがタンヤオイーペーコーのカン4pで追っかけリーチ。

そこに振り込んだのが日向プロ。2軒リーチに中スジになっていた4pを一発放銃。
12000の失点となった。

東1局1本場、日向プロがドラの9sをポンして北バックのテンパイに。
だが滝沢プロも仕掛けを入れてタンヤオ赤のテンパイ。しかし、アガりは出ずに2人展パイで流局。

東1局2本場はなんと亜樹プロにツモり四暗刻のテンパイ!先制リーチを敢行。
しかし、滝沢プロが赤1枚で追っかけリーチ。

滝沢プロがこのリーチ合戦を制し、2000オールのアガり。さらに連荘を続ける。

東1局3本場、滝沢プロが発を仕掛けて、5巡目には発ホンイツのテンパイ。
そのままあっさりとツモアガり、またも2000オールのアガり。どんどん後続を引き離す。

東1局4本場、亜樹プロが6巡目に高め三色の169pのリーチ。
これを日向プロから打ち取り、1300は2500のアガり。ようやく滝沢プロの親が落ちた。

この時点で滝沢プロは55000点持ちのトップ目に立った。

東2局、ラス目だった日向プロにピンフドラドラ赤のテンパイ。これをダマテンで待つと滝沢プロから直撃!8000のアガりで2着、3着にグッと近づく。

東3局、日向プロにまたもドラドラの勝負手が入る。しかし、滝沢プロが発を仕掛けて300-500をサッとツモアガり。局を消化した。

東4局は丸山プロがマンズのホンイツで仕掛け、6mと東のシャンポンテンパイを入れる。

そこに追いついたのが滝沢プロ。仕掛けてタンヤオドラ1の247sテンパイ。
待ちが広いのは滝沢プロだが、終盤東をつかむ。これを勝負し5200放銃。

東1局で連荘を重ねた滝沢プロが42900点のトップ目で南入する結果に。

南場の展開

南1局、中盤に日向プロがドラ赤のカン2pでリーチ。
そのリーチに対して回っていた丸山プロが終盤にテンパイ。

しかし、テンパイを取るのに勝負した牌がまさに2p。5200の放銃となった。

南2局はまたしても日向プロが先制リーチを放つ。しかし今度はアガれずに1人テンパイで流局。これで1局消化となり、トップ目の滝沢プロにとってはいい展開になった。

南3局1本場、親番を迎えた亜樹プロがドラ1のカン7sでリーチ。

流局するかと思われた最終盤に7sをツモ。裏を1枚乗せて4000オールのアガり。滝沢プロに一気に迫る。

南3局2本場、日向プロが南2局に続き、またしても先制リーチからの1人テンパイで流局。親は流れて、滝沢プロがトップのまま南4局へ。

南4局は滝沢プロがピンフドラドラのテンパイを入れるとあっさりとツモアガり。
ツモったのは赤5mでなんと2000-4000のアガりとなった。

第2試合結果はこちら

1位 麻雀格闘俱楽部 滝沢和典 46700(+66.7pt)
2位 風林火山 二階堂瑠美        28000(+8.0pt)
3位 渋谷ABEMAS 日向藍子     15000(-25.0pt)
4位 ドリブンズ 丸山奏子     10300(-49.7pt) 

1戦目ラスに沈んだ麻雀格闘倶楽部だったが、滝沢プロが東場のリードを活かしトップを獲得!

ここまでラスなしと好調だった丸山プロが初めてのラスという結果になった。



第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果がこちら。

1.EX風林火山        +532.4pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +336.5pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +212.0pts
4.渋谷ABEMAS                           -42.0pts 
5.赤坂ドリブンズ            -142.3pts
6.セガサミーフェニックス        -229.3pts
7.U-NEXTパイレーツ                  -247.8pts
8. TEAM雷電                               -419.5pts

紆余曲折あったものの、結果的には上位2チームがさらにポイントをプラスし、下位2チームがポイントをマイナスするという結果に。

1位の風林火山は今日も2着2回と崩れない。2位の麻雀格闘倶楽部はタキヒサコンビがトップラスでチームとしてはプラスに。

全チームが30試合を終えて、上位と下位のチームの差がハッキリしている展開になっている。

90試合までこの勢いが続くのか、それとも下位のチームが待ったをかけるのか?
特に1位と950ポイント差の最下位というチーム雷電には頑張って欲しい。



天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

 

前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

top3776.hatenablog.com