天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

「気高き女海賊」瑞原明奈 2人の子どもを持つママさんMリーガー

写真:瑞原明奈
引用元:U-NEXT Pirates – M.LEAGUE(Mリーグ)

https://m-league.jp/teams/pirates

瑞原明奈。
U-NEXTパイレーツ所属のMリーガーだ。

麻雀プロとしての活動の裏で、2児の母として家庭も支えている。瑞原と麻雀の不思議な縁を解説していこう。

基本プロフィール

生年月日:1986年11月19日
出身地:長崎県佐世保市
血液型:O型
趣味:人狼ゲーム
学歴:早稲田大学国際教養学部卒業
所属団体:日本プロ麻雀協会13期生→最高位戦第42期前期

麻雀との出会い

観る雀出身

瑞原が麻雀と出会った経緯はかなり特殊だ。早稲田大学に在学中の21歳の時、映画や海外ドラマに釣られて加入したケーブルテレビ。

そのチャンネルを適当に回していて偶然見たのが「MONDO TV麻雀プロリーグ」だった。

麻雀をゲームとして打って楽しむのではなく、観戦する方から入ったいわゆる「観る雀」といったところであろうか。

最初に番組を見たとき、全くルールなどを知らずに牌の音や手牌の見た目が美しいと感じ興味を持ったというのだから、麻雀の入り口としてはかなり珍しいだろう。

ただ、番組を見る内徐々にそのゲーム性などにも興味を持ち始め、24歳ころには自ら打つようにもなっていった。

ちなみに、観る雀として最初に好きになったプロは土田浩翔。他の人とは違う、自分の麻雀を貫いている感じが好きらしい。

結婚

2012年、25歳で結婚し、それまで勤めていた会社を退職した。結婚相手は一般の方。

2015年4月、自身のブログで妊娠したことを発表し、同年7月に第一児となる女児を出産した。2018年には第2子を出産し、2児の母としてプロ活動を続けている。

プロになったきっかけ

麻雀を自らも打つようになった瑞原だったが、自分の周りに麻雀を打てる人間がいないため、もっぱらネット麻雀で楽しんでいたようである。

結婚を機に勤めていた会社を退職し、関東に引っ越すことになった瑞原。夫の友人に麻雀好きがいたため、週に1回は麻雀が打てる生活になる。

ただこの頃の瑞原は手役が好きで、効率うんぬんよりアガりたい手を狙っていた。その結果、いくら打っても勝てず、ついに心が折れることも。

「自分は麻雀に向いていない」とも思ったが、「麻雀を楽しむために強くなる」と意識改革。勝つための麻雀を勉強するようになった。

そんな瑞原にプロになるキッカケが訪れる。

「麻雀強くなりたい女の子募集」。その募集は、竹書房が運営するニコニコ生放送のチャンネル『梶やんチャンネル』に生徒役で出演する一般女性の募集だった。

人前に立つことが苦手な瑞原だったが、麻雀が強くなりたいという一文がどうしても心に留まり、最終的には応募することに。

この番組に出演する中で、競技麻雀の大会に出場したり、麻雀プロと出会うことで、自身もプロになりたいと思い始める。

そして2014年、日本プロ麻雀協会13期生としてプロの道を歩み始めた。

プロ入り後の活躍

プロ入りを果たした冬、妊娠が判明し、産休に入った瑞原は、雀力が落ちないようにオンライン麻雀「天鳳」を打ち始める。

瑞原は「みかん太」というハンドルネームで天鳳をプレイ。産後は育児の都合で、日本プロ麻雀協会から、平日対局の多い最高位戦へ2017年に移籍する傍ら、天鳳も打ち続けていた。

その結果なんと9段に到達。女流プロで天鳳9段を達成しているのは瑞原のみ。結果的にはこの実績がMリーグへの道を開いたのかもしれない。

Mリーグ2019ドラフト会議でU-NEXT Piratesに指名される

同チームのメンバー3人とも天鳳名人戦の優勝者であり、天鳳出身の朝倉がいるなど、ネット麻雀に縁深いチーム。そのチームカラーによく合った選択といえるだろう。
     
 Mリーグに指名されるまでタイトルと縁のなかった瑞原だが、麻雀ウォッチプリンセスリーグ2019で優勝し初タイトルを獲得。実績をひっさげてのMリーグ参戦となった。

youtu.be

Mリーグでの活躍

Mリーグ初年度となった2019年、レギュラーシーズンは-101.8ポイントで29人中の17位。2020年は-117.9ポイントで30人中の21位だった。可もなく不可もなくといった成績であまりいうことがない。

2019シーズンに進んだ、セミファイナル、ファイナルの成績は、セミファイナルが22人中の14位、ファイナルが15人中の5位。

全体的に、まだ突き抜けた成績を残せていないので、もうひとつ殻を破ることを期待する。

チームメイト

小林剛

サイボーグと言われるほど、何事にも動じない冷静沈着な男。Mリーグの中では副露率トップクラスの鳴き主体の麻雀で戦っている。

top3776.hatenablog.com

朝倉康心

ネット麻雀を代表する「天鳳」で2度の天鳳位を獲得した、ネット麻雀最強プロ。まだプロ年数は短いが、順調な活躍を見せている。

top3776.hatenablog.com

石橋伸洋

「黒いデジタル」と呼ばれる、セオリーを外した打牌で相手の読みを外す麻雀を打つ。
東風荘というネット麻雀出身のプロ。

top3776.hatenablog.com

瑞原の雀風

瑞原の雀風は、攻めに比重を置いた、しっかりリーチを打っていく麻雀だ。

瑞原明奈のロジカル麻雀入門 (マイナビ麻雀BOOKS) [ 瑞原明奈 ]

価格:1,694円
(2021/11/26 12:47時点)
感想(0件)

天鳳のようなネット麻雀出身者というのは、そのラス回避というルールから得てして仕掛けが得意な雀士が多い。

実際、チームメイトの小林、朝倉、石橋はいずれも鳴きを得意とするタイプだ。

しかし、その中にメンゼンで打つ瑞原がいることで逆にチームとしてもバランスは良くなっている。

youtu.beMリーグに入った2019年、優勝はしたものの貢献したとは言いにくい成績だった。

今期こそ、胸を張ってチームに貢献したといえるほどの成績を残し、優勝を達成できるよう頑張ってほしい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

他のMリーガーの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com