天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグ2021 11月30日 試合結果 フェニックス近藤が全員2万点台の超僅差を制しトップ!

第1試合の出場選手はこちら

東家:セガサミーフェニックス 近藤誠一
南家:UーNEXTパイレーツ 小林剛
西家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 滝沢和典
北家:KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳

東場の展開

東1局、小林が東をポンしてテンパイ。その後岡田がリーチ、滝沢にもツモればハネマンのダマテンが入るが小林がツモアガり。お得意の1000点アガり、ツモって300-500とした。

東2局、岡田の先制リーチに親の小林が回るもタンピン高目三色になり追っかけリーチ。しかし流局で2人テンパイ。

東2局1本場、滝沢が白単騎の三色テンパイをダマに構えると次巡ツモ。1000-2000のアガりとなる。

東3局、岡田が自風の南をポンしてテンパイ。小林も発をポンしてテンパイだが、近藤と滝沢がアガり牌を吸収。滝沢もテンパイし、3人テンパイで流局。

東3局1本場、近藤が先制リーチ。小林も仕掛けて4-7s待ちのマンガンテンパイを入れるが流局。じりじりとした展開が続く。

東4局2本場、岡田がピンフ一通ドラ1でリーチ。そこに近藤がピンフドラ1で追っかける。勝負を制したのは近藤。3900を岡田から直撃し、これで南入となった。

南場の展開

南1局、滝沢がホンイツ四暗刻のイーシャンテンまでいくが、岡田が白を仕掛けて300-500できっちりかわす。

南2局、親番小林がリーチ。終盤、近藤がタンヤオチートイドラ2赤1のテンパイを入れるも、打ち出したのが小林のアタリ牌。小林が2000点のアガりとなった。

南2局1本場、小林が中バックの仕掛け。終盤に岡田にもカン8sのテンパイが入りリーチ。近藤がリーチ者の岡田のハイテイをずらすチーを入れると、小林が6mを引く。

これを切らずにテンパイを外し、岡田の1人テンパイで流局。チーがなければ小林のアガりだっただけに、この細かい動きが大きな成果になった。

南3局2本場、またも岡田がリーチに行くが流局。全員が2万点台のままオーラスへ突入する!

南4局3本場、岡田が9sポンから白を仕掛けてテンパイ。そこに近藤が追いつきリーチ。そして近藤のリーチ宣言牌を鳴いて小林がテンパイを入れる。

しかし、小林が打ち出した牌がなんと近藤のアガり牌。3900のアガりで勝負を制した。

第1試合の結果はこちら

1位 フェニックス 近藤誠一 28700(+48.7pt)
2位 格闘俱楽部 滝沢和典    27000(+7.0pt)
3位 パイレーツ 小林剛        22800(-17.2pt)
4位 サクラナイツ 岡田紗佳 21500(-38.5pt)

マンガン以上のアガりが一度もない、超僅差のゲームを近藤が制した!
2着にはアガりは1回だったものの、放銃が0だった滝沢が入る結果となった。


第2試合の出場選手はこちら

東家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 高宮まり
南家:KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾
西家:UーNEXTパイレーツ 石橋伸洋
北家:セガサミーフェニックス 茅森早香

東場の展開

東1局、親番の高宮がリーチを打つが1人テンパイで流局という静かなスタート。
1本場では高宮が白のみの500オールをツモり親番継続。

東1局2本場、茅森がピンフドラドラ赤をダマテンに受けると、そこに高宮が放銃。
茅森が8000のアガりを決める。

東2局、高宮が自身の河に6sを切っている、3s待ちのチートイツをリーチ。
その後親の堀が仕掛けてタンヤオのテンパイを入れる。

そこにさらに追いかけてきたのが石橋。ドラ3赤1のカン2s待ちで追っかけリーチ。
めくり合いは石橋の一発ツモで即決着。3000-6000をツモアガりトップに立つ。

東3局、茅森がトイトイの仕掛けでテンパイ。終盤堀もツモ番なしのリーチをかけ、堀と茅森の2人テンパイで流局。

東4局1本場、高宮が白単騎のチートイツでリーチ。白は堀が1枚切っており、しかも堀が1枚抱えている状態。

しばらくは打ち出されなかったものの、堀にペン3mの三色のテンパイが入り、白を切ってリーチ。これで高宮のアガりとなり、3200点を加点した。

南場の展開

南1局、石橋がドラ3の手でリーチ。親番の高宮がタンヤオピンフのイーシャンテンから1mを押して放銃。8000のアガりとなった。

南2局、高宮に自風が暗刻かつドラというチャンス手が入るが、石橋がタンヤオで仕掛けて1000点のアガり。トップ目できっちり局消化を進める。

南3局、南家の茅森がダブ南ポンで東と7sのシャンポンテンパイを入れる。
しかし、親番石橋が1mと9sのシャンポンでテンパイ。

リーチ宣言牌が赤5pのためリスクは伴うが、8sが場に3枚見えと待ちがよいのでリーチとした。

これがハマり、茅森が9sを掴み一発で放銃。裏1の12000を決め、石橋が5万点超えのトップとなる。

南3局2本場、茅森がドラドラ+高目一通のリーチ。点数状況的に競っている高宮が勝負に行くが放銃。茅森が8000のアガりを決めた。

南4局は石橋がピンフドラ1の手をダマテンにするとそのままツモアガり。自分の手で勝負を決めた。

第2試合結果はこちら

1位 パイレーツ 石橋伸洋     58600(+78.6pt)
2位 フェニックス 茅森早香 24500(+4.5pt)
3位 サクラナイツ 堀慎吾     13700(-26.3pt)
4位 格闘俱楽部 高宮まり      3200(-56.8pt) 

石橋はアガりが5回、放銃0回という完璧な内容。見事トップをものにした。
2着には要所でアガりを決めた茅森が入る結果となった。

上位の2チームが3着4着、下位の2チームが1着2着となった。 



第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果がこちら。

1.EX風林火山        +595.4pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +300.0pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +56.2pts
4.渋谷ABEMAS                            -15.4pts 
5.セガサミーフェニックス        -102.9pts
6.U-NEXTパイレーツ                  -113.3pts
7.赤坂ドリブンズ            -176.5pts
8. TEAM雷電                               -543.5pts

本日も順位の変動はなし。

しかし、2試合の結果をまとめてみると、下位だったフェニックスとパイレーツの2チームがポイントを増やし、上位の麻雀格闘倶楽部とサクラナイツがポイントを減らすという結果に終わった。

この調子で風林火山が負けて、雷電が勝つようなことがあると争いがもっと面白くなる。明日以降の試合にそれを期待したい。


サクラナイツの試合後メッセージはこちら!

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com