天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 12月27日 試合結果 サクラナイツが内川、堀のトップでチーム2連勝を飾る!

f:id:cjr14137:20211227225148p:plain

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

第1試合の出場選手はこちら

東家:渋谷ABEMAS 白鳥翔
南家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 滝沢和典
西家:チーム雷電 瀬戸熊直樹
北家:KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎

東場の展開

東1局、親の白鳥が喰いタンで仕掛けて、2000オールツモでスタート。

東1局1本場は滝沢が4巡目リーチ。そのまま1300-2600をツモアガり。

東2局は内川が123の三色を狙い、暗刻から6mを1枚打ち、ペン3m待ちの三色リーチ。

瀬戸熊が、自身の手牌に4m暗刻で3mが通りそうに見えるため、3mを打ち放銃。内川が5200のアガリとなった。

東3局、ラス目の瀬戸熊の親番。終盤に形式テンパイを入れ、流局。

東3局1本場。白鳥が高目イーペーコーの先制リーチ。すると内川がツモり四暗刻をテンパイし、ダマテンで押していく。

しかし、白鳥がラス牌の2mをツモ。2000-4000のアガりを決めた。

東4局、親の内川が中ポン、東ポンで12000のテンパイ。一方で瀬戸熊もドラの西が対子で白が暗刻。仕掛けてペン7p待ちのテンパイ。

白鳥は2人の仕掛けにオリていたが、終盤に手詰まり。瀬戸熊はソーズ、内川はピンズのホンイツ仕掛けにみえ、選ばれたのは内川のアタり牌である5m。内川が白鳥から12000のアガリでトップ目に。

東4局1本場、白鳥が七対子ドラドラ赤の手牌を南単騎でリーチ。しかしアガれないうちに内川、滝沢が追いつきテンパイ。

内川がタンヤオイーペーコーをダマテンにして、白鳥から打ち取り3900で連荘。

東4局2本場、白鳥が場風の東をポンしてテンパイ。滝沢も5-8s待ちのリーチ。テンパイしている白鳥が一発目に持ってきたドラの8sを押して、滝沢が12000のアガリでトップ目となり南入した。

南場の展開

南1局、白鳥の親番、手牌にドラの5sがトイツ。喰いタンで仕掛けて、12000を滝沢から直撃。

南1局1本場、瀬戸熊がツモに6-9s待ちを一発でツモって2000-4000。3着目に浮上。

南2局、親の滝沢が先制リーチも、イーペーコードラ3のカン5pダマテンだった白鳥が赤5pツモで3000-6000に仕上げる。

南3局は内川が先制リーチ。最後の親番の瀬戸熊が押していくが、内川がツモって1300-2600のアガり。

南4局、満貫ツモで2着に浮上するラス目の瀬戸熊。1-4-7p待ちでリーチし、ツモ。裏が乗らず、3着浮上で終了。

第1試合の結果はこちら

1位 サクラナイツ 内川幸太郎 38500(+58.5pt)
2位 渋谷ABEMAS 白鳥翔         23900(+3.9pt)
3位 チーム雷電 瀬戸熊直樹    20500(-19.5pt)
4位 格闘俱楽部 滝沢和典        17100(-42.9pt)

サクラナイツ内川がトップを獲得!
2着を3者で争った結果、大きな失点をしつつも大きなアガりも決めた白鳥が2着となった。

KADOKAWAサクラナイツ 一戦目感想戦はこちら。

youtu.be


第2試合の出場選手はこちら

東家:KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾
南家:チーム雷電 本田朋広
西家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 佐々木寿人
北家:渋谷ABEMAS 松本吉弘

東場の展開

東1局、親の堀が發を仕掛けて500オールツモで連荘。

東1局1本場、ピンフ赤1を一発ツモ。裏を乗せて6000オールのアガりでリードを奪う。

東1局2本場、寿人がピンフ・赤2・ドラ2をリーチ。これをツモって4000-8000のアガりで堀に迫る。

東2局、堀が先制リーチに行くも、同巡で本田が追っかけリーチ。しかし宣言牌が堀のアガり牌。3900を放銃。

東3局、松本の先制リーチに本田がまたも一発放銃。5200の失点となる。

東4局、放銃がつづいた本田にチャンス手。チャンタのカン8p待ちリーチをツモって2000-4000で南入。

南場の展開

南1局、親の堀が仕掛けて、5800のテンパイ。一巡前に切った3sを本田がもう一度引きツモ切ると、堀がロン。本田に今ひとつツキがない。

南1局1本場は松本がドラドラのカン8s待ちリーチ。ツモって2000-4000のアガり。

南2局、ラス目の本田の親番だが、松本が発を仕掛けて300-500で局を進める。


南3局、トップ目の堀が白を仕掛けて、1000点を2着目の寿人からアガり。これでマンツモ圏外にしてオーラスへ。

南4局、親の松本がピンズのホンイツへ向かうが、テンパイできず、全員ノーテンで流局し終了。

第2試合結果はこちら

1位 サクラナイツ 堀慎吾      40900(+60.9pt)
2位 格闘俱楽部 佐々木寿人   29600(+9.6pt)
3位 渋谷ABEMAS 松本吉弘   24800(-15.2pt)
4位 チーム雷電 本田朋広        4700(-55.3pt) 

サクラナイツのチーム2連勝となる堀のトップ獲得!
2着には倍満ツモがあった寿人が入った。

KADOKAWAサクラナイツ 二戦目感想戦はこちら。

youtu.be


第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果

1.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +350.3pts
2.EX風林火山        +198.5pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +127.9pts
4.U-NEXTパイレーツ                  +53.6pts
5.渋谷ABEMAS                           +22.5pts
6.セガサミーフェニックス        +18.3pts
7.赤坂ドリブンズ            -184.1pts
8. TEAM雷電                               -587.0pts

サクラナイツがチーム2連勝で一気に3位に浮上した。
一方でチーム雷電は浮上の兆しは見えず、本日もポイントを減らした。

サクラナイツ試合後メッセージはこちら。

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com