天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

RMU第2期闘魂杯、優勝は武則輝海プロ!

3月21日、RMU公式タイトル戦の第2期闘魂杯*1準決勝、決勝が開催された。下記がその配信となる。


準決勝に残ったのは、山本祥典プロ、谷井茂文プロ、よしふじこうすけプロ、松ヶ瀬隆弥プロ、武則輝海プロの5名。

ここに令昭位の河野高志プロ、SSS級ライセンスの多井隆晴プロ、第1期闘魂杯優勝の斎藤みつたかプロを加えた8名で準決勝を争う。

準決勝は2卓に分かれて行われ、上位2名がそれぞれ勝ち抜け。

1卓結果

1位:松ヶ瀬隆弥  +54.4
2位:河野高志   +47.2
3位:斎藤みつたか -43.9
4位:谷井茂文   -57.7

2卓結果

1位:武則輝海 +21.8
2位:多井隆晴 +15.2
3位:山本祥典    -8.5
4位:よしふじこうすけ -28.5


この結果により、多井隆晴プロ、松ヶ瀬隆弥プロ、河野高志プロ、武則輝海プロの4名が決勝へ進出。

決勝では1半荘目に松ヶ瀬プロが国士無双をアガり、+53.9ポイントの大トップ。

勝負は決まったかに思われたが、1半荘目に2着に滑り込んでいた武則プロがオーラスに松ヶ瀬プロから8000を直撃し、+51.3ポイントのトップ。

合計で松ヶ瀬プロを5.4ポイントかわし、武則プロが大逆転の優勝を決めた!

決勝のスコアについては下記のツイートを参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

*1:闘魂杯は予選から決勝まで、全てネット麻雀で行うというRMU独自のタイトル戦