t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 1月14日 58日目 試合結果 格闘倶楽部が連敗で5位転落

f:id:cjr14137:20220114185953p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

top3776.hatenablog.com

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

YouTube配信 

KADOKAWAサクラナイツ

youtu.be

MリーグチームのYouTubeチャンネルについては以下の記事にまとめています。

top3776.hatenablog.com

前日までのポイント状況

1位:U-NEXTパイレーツ                  +265.2pts
2位:セガサミーフェニックス        +170.9pts
3位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   +170.0pts 
4位:EX風林火山        +124.5pts 
5位:KADOKAWAサクラナイツ    +112.8pts 
6位:渋谷ABEMAS                            +33.6pts
7位:赤坂ドリブンズ            -187.4pts 
8位:TEAM雷電                               -709.6pts

昨日のチーム2連勝で首位はU-NEXTパイレーツに。とはいえ混戦模様は変わらず。残り試合も3分の1ほど。ここからどう変動していくかが見物だ。

今日の注目はやはりチーム雷電。とにかくトップを取ってなんとか希望をつないで欲しい。

本日の出場チーム

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM雷電 

第1試合の出場選手

東家:松ヶ瀬隆弥
南家:岡田紗佳
西家:高宮まり
北家:瀬戸熊直樹

全体の展開

東場の展開

東1局

高宮が9の三色同刻で仕掛ける。瀬戸熊が終盤に喰いタンで仕掛ける。他3者はテンパイできず、瀬戸熊の1人テンパイで流局。

東2局1本場

親番岡田が白ポンから仕掛ける。赤とドラを両方使おうと考えるが、結局赤は切って4mと1pのテンパイ。これに松ヶ瀬が放銃し、2900のアガり。

東2局2本場

岡田が133455pから1pを切ってドラを残す。松ヶ瀬がピンフ赤高目イーペーコーの先制リーチ。同巡高宮がテンパイ。1-4pの追っかけリーチ。

しかし、松ヶ瀬が高目を一発ツモ。裏1枚で3000-6000に仕上げた。

東3局

瀬戸熊の配牌が圧倒的にいい。5-8pのピンフドラ1で5山の先制リーチ。他3人はオリに回る。

一人舞台の瀬戸熊。これを赤5pツモで2000-4000に仕上げた。

東4局

親番を迎えた瀬戸熊。ダブ東ドラドラの好配牌。ただ他3人の手牌も良く、ぶつかりそうな1局。

その結果、高宮から東が打ち出され瀬戸熊が親マンテンパイ。鳴かせた高宮もタンヤオのシャンポンテンパイをダマテンに。

勝ったのは高宮。赤5mツモで2000-4000のアガり。

南場の展開

南1局

親番の松ヶ瀬が好配牌。そのまま3巡目に先制リーチ。しかも一発ツモで2600オール。光速のアガりが炸裂した。

南1局1本場

連荘した松ヶ瀬が南ポンから仕掛ける。これをあっさりペン7pでテンパイ。その後シャンポンに受け変え。

高宮が778pから7pを暗刻にしたことで放銃。2900のアガり。

南1局2本場

高宮がピンフのみで先制テンパイを入れるが、一旦ダマテンに。そして3巡手変わりを待ってからツモ切りリーチ。

その直後、瀬戸熊にもテンパイが入り追っかけリーチ。その宣言牌を鳴いて松ヶ瀬もテンパイ。

3者のめくり合い、軍配は松ヶ瀬。1000オールのツモアガりでリードを広げていく。

南1局3本場

瀬戸熊が赤ドラのカン3sテンパイをダマテンに受ける。これを松ヶ瀬から直撃し5200のアガり。トップとの差が詰まる。

南2局

ラス目の親番岡田、ドラドラ赤の配牌をもらう。これをタンヤオ高目三色で4巡目に先制リーチ。もの凄いチャンスが来た。

あっさり高目の2sをツモアガり、8000オール。一気にトップ目に浮上した。

南2局1本場

連荘の岡田。ピンフドラ赤赤をテンパイしこれをダマテンに。これをそのままツモって4000オール。さらに突き放す。

南2局2本場

ラス目の高宮、ピンフのリーチをかける。しかし、これに松ヶ瀬がチートイツドラドラで追っかける。

そして高宮がこれを一発で掴んでしまう。松ヶ瀬が12000のアガり。トップ目を一気に追い上げる。

南3局

親番の高宮、ここは連荘してなんとか希望をつなぎたいところ。四暗刻イーシャンテンまで手が入るが、ダブ南を仕掛けていた瀬戸熊に放銃。8000のアガりでオーラスへ。

南4局・南4局1本場

南4局、瀬戸熊と松ヶ瀬の2人テンパイで流局。瀬戸熊のリーチ棒が場に残り、松ヶ瀬が800-1600からのトップ条件となる。

そして迎えた南4局1本場。瀬戸熊は仕掛けてテンパイを入れようとするが、結果テンパイできず。岡田、松ヶ瀬の2人テンパイで流局。岡田がトップを守りきった。

第1試合の最終順位

1位:岡田紗佳  50500(+70.5)
2位:松ヶ瀬隆弥 45400(+25.4)
3位:瀬戸熊直樹 25000(-15.0)
4位:高宮まり   -20900(-80.9)

岡田がここまで取れていなかった今シーズン初トップを獲得!松ヶ瀬は最後まで競りあったが2着に終わる。高宮が-80.9ポイントの大きなラスとなった。

第2試合の出場選手

東家:滝沢和典
南家:勝又健志
西家:黒沢咲
北家:沢崎誠

全体の展開

東場の展開

東1局

勝又が2-5-8pのタンピン赤で先制リーチ。これに滝沢が放銃し8000。まずは軽くリード。

東2局

滝沢が国士無双に向かった進行。9mと中を残したイーシャンテンまで進めたが、黒沢がドラドラ赤のリーチ。しかもドラの9mを重ねて滝沢の国士の可能性を消したリーチだ。

だがこの手はアガりにならず。黒沢の1人テンパイで流局。

東3局

滝沢が中、8pを軽く仕掛けてイーシャンテン。ドラを引けばマンガンまで見える。その後白を重ねてシャンポンテンパイ。

だが沢崎がピンフドラのリーチで勝負。滝沢1枚、沢崎5枚の勝負だったが、親番の黒沢がテンパイして4sを打ち出し、沢崎に放銃。8000のアガりでトップ目に。

東4局

親番の沢崎がドラ引きで赤赤ドラドラの手牌に。タンヤオも見え、仕掛けもあるか?

だが全くテンパイが入らず、終局寸前になんとかテンパイを入れただけで流局。沢崎、勝又の2人テンパイで流局。

東4局1本場

沢崎がイーペーコーのカン7mテンパイ。これをダマテンにすると、すぐに勝又から出た。2000点のアガりで連荘。

東4局2本場

沢崎が5巡目に赤1のリーチ。だが黒沢が強く押していきピンフ赤ドラの追っかけリーチ。

このリーチ合戦は黒沢に軍配。沢崎が黒沢に8000放銃。4人が平たくなって南入。

南場の展開

南1局

親の滝沢がイーシャンテンから6sをカン。その後、中をポンしてテンパイするとすぐに黒沢からアガる。3900のアガり。

南1局1本場

勝又がソーズの一色に向けて手を進める。白を残した結果、白単騎でメンホンのテンパイ。手変わりする前に滝沢から打ち取り8000。

南2局

親番の勝又、チートイドラドラの白単騎でテンパイ。その後に赤5pを引き入れて5p単騎に待ち変え。

滝沢が二つ暗刻を作り、四暗刻の可能性も見せたが結果流局。沢崎も5p単騎のテンパイで沢崎と勝又の2人テンパイで流局。

南2局1本場

沢崎が7s単騎のチートイツでテンパイ。これをダマテンに受ける。黒沢が放銃するかと思われたが、放銃しないまま2p単騎に変わったところで沢崎がリーチ。

2pは山になく、逆に不利な待ちに。さらに黒沢から追っかけリーチを食らう。するとラストの8sを黒沢が一発でツモアガり。2000-4000のアガりでトップが見えてきた。

南3局

親番黒沢がソーズのホンイツで仕掛ける。トップ目の勝又は中ドラドラのバック仕掛け。

黒沢から出た中を仕掛けてテンパイ。すぐにツモって1300-2600。リードを広げてオーラスへ。

南4局

ハネ満でトップ条件の黒沢、ドラ単騎でのリーチ。これをツモって裏裏ならトップ。

親番の沢崎は振込んでもラスにならなそうなので攻めに回る。ラス目の滝沢もカン8pのテンパイを入れてダマテンで攻める。

滝沢は8pをツモアガるもアガらず。着順アップの条件ができるチャンスを待つ。そして最終巡目にリーチ。一発で黒沢から打ち取れば3着の可能性があったが流局。

沢崎がテンパイを入れられず、黒沢と滝沢の2人テンパイで流局。勝又が久しぶりにトップを獲得した。

第2試合の最終順位

1位:勝又健志 42600(+62.6)
2位:黒沢咲  28600(+8.6)
3位:沢崎誠  23100(-16.9)
4位:滝沢和典   5700(-54.3)

2試合の合計ポイント

EX風林火山                        +88.0
KADOKAWAサクラナイツ +53.6
KONAMI麻雀格闘倶楽部  -135.2
TEAM雷電                             -6.4

チーム順位

1位:U-NEXTパイレーツ                 +265.2pts
2位:EX風林火山        +212.5pts
3位:セガサミーフェニックス        +170.9pts
4位:KADOKAWAサクラナイツ    +166.4pts 
5位:KONAMI麻雀格闘倶楽部    +34.8pts 
6位:渋谷ABEMAS                            +33.6pts
7位:赤坂ドリブンズ            -187.4pts 
8位:TEAM雷電                               -716.0pts

KONAMI麻雀格闘倶楽部がほぼ1人負けの展開。連続ラスで大きく点数を減らし、順位を5位にまで落とした。

風林火山とサクラナイツはポイントを増やし順位を上げた。雷電はほぼ横ばいだが、横ばいではまずポイント状況のため、あまり良くない展開だった。

明日の対戦チーム

EX風林火山                      
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部  
渋谷ABEMAS                         

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。

Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。

top3776.hatenablog.com


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事