t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 1月18日 60日目試合結果 小林が個人3連勝となるトップ獲得!

f:id:cjr14137:20220118185502p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

top3776.hatenablog.com

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

YouTube配信 

赤坂ドリブンズ

youtu.be

U-NEXTパイレーツ

youtu.be

園田賢検討配信

youtu.be

朝倉康心検討配信

youtu.be

MリーグチームのYouTubeチャンネルについては以下の記事にまとめています。

top3776.hatenablog.com

本日の出場チーム

セガサミーフェニックス
U-NEXTパイレーツ
赤坂ドリブンズ
TEAM雷電 

前日までのポイント状況

1位:U-NEXTパイレーツ                 +265.2pts
2位:セガサミーフェニックス        +170.9pts
3位:渋谷ABEMAS                           +153.4pts
4位:EX風林火山        +141.7pts
5位:KADOKAWAサクラナイツ    +94.7pts 
6位:KONAMI麻雀格闘倶楽部    +57.5pts 
7位:赤坂ドリブンズ            -187.4pts 
8位:TEAM雷電                               -716.0pts

本日の対戦は1位2位の上位勢と7位8位の下位勢の戦いという格好。これは下位勢にとっては巻き返しのチャンスといえる一戦だ。

雷電は最下位から抜け出せず、ポイントを減らす一方。なんとかプラスで終わって、残り30試合の弾みにしたいところ。

第1試合の出場選手

東家 近藤誠一
南家 萩原聖人
西家 村上淳
北家 朝倉康心

全体の展開

東場の展開

東1局

親の近藤が中を1枚目から仕掛けて2900のテンパイ。近藤には珍しい安手の仕掛け。

3者は東を警戒するが、萩原は東トイツを持っているので攻めやすいか?結局、メンホンにまで手を仕上げて、3-6mでリーチ。しかし、近藤と萩原の2人テンパイで流局した。

東1局1本場

萩原がカン4sのタンヤオ赤でテンパイだが一旦ダマテンに。朝倉が3-6-9sのピンフで先制リーチ。

だが萩原が赤5p引きで手牌が三色赤赤に変化してリーチ。これを朝倉から一発で捉えて12000のアガり。

東2局

全員がイーシャンテンで今にもリーチがかかりそう。村上が13巡目に1-4-7mで先制リーチ。山には3枚。

だがこれはツモれず、村上の1人テンパイで流局。

東3局1本場

親番村上が発ポンからピンズのホンイツに向かう。近藤もピンズのホンイツで色がかぶる。

5pポンから4p南のテンパイ。他3人はオリに回る。だが回っていた近藤がチートイツで回って4m単騎のテンパイ。

これを村上からアガり1600。村上のチャンス手を潰した。

東4局

萩原が赤1のカン2sだがダマテン。その間に村上がピンフで先制リーチ。

近藤が安全牌を切りつつ、東と発のシャンポンテンパイをダマ。村上のリーチに回っていた萩原が高目三色で追っかけリーチ。これで近藤はオリ。

結果、村上に萩原が放銃。3900のアガりとなった。

南場の展開

南1局

萩原は配牌からチートイツのイーシャンテン。朝倉はダブドラの赤5sを持って南ポンから仕掛ける。

萩原は中盤に5sのドラ単騎でリーチ。だが村上はカン8m残しから3-6-9sのドラ1で追っかけリーチ。

山に村上6対萩原2のリーチ対決で村上が制する。萩原が村上に放銃。3900のアガりとなった。

南2局

ラス目の朝倉が8mカンで攻めの姿勢。新ドラの4sを重ねてドラドラ赤のペン3mでリーチ。だが山に3mがない。

その間に村上が回りながらテンパイを入れる。タンヤオイーペーコー赤の3-6sをダマテンに受ける。

さらに村上の手が3456m待ちに変化。ここで村上がリーチ。しかしアガりは出ず。村上と朝倉の2人テンパイで流局した。

南3局1本場

村上と近藤の手がドラの3mトイツ。この2人のぶつかり合いか。

萩原は白発ポンして供託を狙いに行く。しかし、近藤から1-4sの6山先制リーチ。

2000点のイーシャンテンだが萩原はトップ狙いで押す。ラス目の朝倉もチートイツのイーシャンテンから押していく。

親の村上は回りながら3-6sのテンパイ。近藤のリーチの現物でダマテンを選択。

このソーズ対決は近藤に軍配。ツモって裏1枚で3000-6000。トップ目に立ってオーラスへ。

南4局

ハネ満ツモでトップの村上。タンピン三色を狙って進める。だが三色にならない安めを引いてテンパイ。これをダマテンに受けて手変わりを待つ。

すると一発でアガり牌を引いてくる。フリテンリーチもあり得たが、ここはツモって終了。村上は2着キープ。近藤がトップで終了した。

第1試合の最終順位

1位:近藤誠一 40500(+60.5)
2位:村上淳     30500(+10.5)
3位:萩原聖人  23700(-16.3)
4位:朝倉康心    5300(-54.7)

第2試合の出場選手

東家:本田朋広
南家:小林剛
西家:魚谷侑未
北家:園田賢

全体の展開

東場の展開

東1局

園田が中盤に3s4sのシャンポン待ちで先制リーチ。しかし、アガれず園田の1人テンパイで流局。

東2局1本場

親番の小林、ドラの東と役牌の白がトイツの手牌。リャンメンチーから東、白のダブルバックのテンパイ。

園田も中暗刻で仕掛けてテンパイするがアガりきれず、小林が東をツモって6000オールのアガり。まずは一つ抜け出た。

東2局2本場

園田が自風の西をポン。ドラ赤で6mと東のシャンポン。これを魚谷から打ち取り、3900のアガり。

東3局・東3局1本場

東3局は親番の魚谷が先制リーチも1人テンパイで流局。東3局1本場、本田がドラ1のカン6sで4巡目リーチ。

なかなかアガれずにいると、魚谷もその6sを止めてチートイツの6s単騎をテンパイ。

6s対決は本田に軍配。本田のツモアガりで1000-2000。

東4局

親番の園田、配牌は今ひとつだったがきっちり仕上げ、赤5p単騎のチートイツでリーチ。

魚谷がドラ3の手牌で浮いている5pが切られるかと思われたが、テンパイが入らなかったため放銃せず。園田の1人テンパイで流局。

東4局1本場

園田が白ポンから仕掛ける。4pと8pのシャンポンでテンパイ。一方、本田も自風の南を暗刻にして9m北のトイトイテンパイ。

園田が北を持ってくると、ノータイムで4pを切ってオリ。結局本田の1人テンパイで流局。園田の守備が光った。

南場の展開

南1局2本場

園田が赤1のカン3mでリーチ。ラス目の魚谷はリーチ宣言牌の南をポンしてピンズのホンイツをアガりにいく。

魚谷の仕掛けにピンズと字牌の切りにくい本田。安全牌に困り、4m3枚見えでワンチャンスかつ、自分が3枚持っている3mを切り出す。

これが園田に放銃。2600のアガり。

南2局

園田がカン2sで先制リーチ。本田はドラドラ赤赤のチャンス手。四暗刻のイーシャンテンまで進むが、すでにヤマに四暗刻をテンパイする牌は残っていなかった。

ラス目の魚谷はダブ南をポンしてテンパイ。だがこの局を制したのは小林。

1枚目の発をスルーし、園田のリーチがきた後、改めてチーして発バックのテンパイ。

これを園田からアガり2900。小林の絶妙な仕掛けであった。

南2局1本場

魚谷は9pポンからホンロートーの仕掛け。ダブ南を手牌に持っているが、園田と持ち持ち。

園田は南を切らないままテンパイを入れ、5mと南のシャンポンでリーチ。魚谷もテンパイを入れるがアガりは出ず。園田と魚谷の2人テンパイで流局。

南3局2本場

本田がタンピン赤ドラの大物手でリーチ。ツモれば一気にトップまで見えてくる。

結果、ラス目の魚谷が勝負しこのリーチに放銃。本田は8000のアガりで2着目に浮上しオーラスへ。

南4局

親番の園田がリーチ。ド高目の赤5sツモで6000オールとし、一気にトップ目に立つ。

南4局1本場

トップ目園田と2着目の小林は7500点差。1300-2600をツモか8000出アガリならきっちりまくりだ。

そして小林はピンフドラ1の手で先制リーチ。ツモれば逆転のこの手をきっちりツモって1300-2600。小林は個人3連勝となった。

第2試合の最終順位

1位:小林剛    41100(+61.1)
2位:園田賢    40400(+20.4)
3位:本田朋広 21700(-18.3)
4位:魚谷侑未 -3200(-63.2)

2試合の合計ポイント

セガサミーフェニックス -2.7
U-NEXTパイレーツ          +6.4
赤坂ドリブンズ               +30.9
TEAM雷電                        -34.6

チーム順位

1位:U-NEXTパイレーツ                 +271.6pts
2位:セガサミーフェニックス        +168.2pts
3位:渋谷ABEMAS                           +153.4pts
4位:EX風林火山        +141.7pts
5位:KADOKAWAサクラナイツ    +94.7pts 
6位:KONAMI麻雀格闘倶楽部    +57.5pts 
7位:赤坂ドリブンズ            -156.5pts 
8位:TEAM雷電                               -750.6pts

パイレーツは第1試合では朝倉の4着で一時フェニックスに首位を譲ったが、小林のトップで首位を守る結果となった。

ドリブンズは2着-2着。順調にポイントを増やし、ボーダーの6位に近づいた。雷電はまたもポイント減。いっこうに抜け出せる気配なし。

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。

Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。

top3776.hatenablog.com


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事