天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグスペシャルマッチ「麺麺位決定戦」試合結果

4月28日開催、Mリーグスペシャルマッチ「麺麺位決定戦」試合結果をまとめます。

麺麺位決定戦の詳細について下記を参照ください。

出場選手

日家:堀慎吾
清家:佐々木寿人
食家:小林剛
品家:丸山奏子

全体の展開

日場の展開

日1局、小林に赤赤ドラのチャンス手もテンパイせず。親の堀が終盤に3-6ソーの先制リーチ。

しかし、ここはアガりは出ず。丸山も最終ツモでテンパイを入れ、丸山と堀の2人テンパイで流局。

日1局1本場、堀がメンズのホンイツを目指す。最初にテンパイは9sをポンして丸山4-7ドンのテンパイ。これを寿人からアガってハングリーのみ1300。

日2局、親の寿人がダブ日バックで仕掛ける。6ドンをアンカンして攻めていく。

だが寿人のテンパイ前に小林が1-4ドンで先制リーチ。リーチ後にダブ日を鳴いていき寿人が8ドンのフリテン裸単騎。

小林も9ドンをアンカン。2人でめくり合うもここは流局。小林と寿人の2人テンパイで流局。

日2局2本場、寿人がダブ日をポン。堀も箸をポンと喰い仕掛けでの戦い。と思いきや小林が3-6メンの先制リーチ。

丸山も5ドン単騎のチートイツでダマテン。しかしすぐにオリ。小林が3メンをツモって2000-4000。小林がトップ目に立つ。

日3局、堀がハングリーのポンから9ソー4メンのシャンポンテンパイ。

小林は4-7ドンのダママンガンテンパイ。丸山にもテンパイが入るも堀がそのままツモアガり、400-700。

日4局、堀に役なしカン3ドンのテンパイ。これをダマに受けるとそのままツモアガり、300-500。小林がトップ目で清入した。

清場の展開

清1局、親の堀が3メンを仕掛けてホンイツに向かう。だが寿人が赤赤ドラのカン3ドンで先制リーチ。

他3者がオリに向かうと、3ドンが全員の手に流れる。親の堀が1-4ドンのフリテンだがドラ7sを打って押し返す。

しかし、テンパイを維持しようと考えた堀が3ドンを打ち出した。寿人に8000放銃。

清2局、寿人が6メンと8ドンのシャンポンで先制リーチ。

小林は回ってカン2メンの役なしテンパイを入れる。しかし、堀が3-6メンの追っかけリーチ。

小林はオリ。堀と寿人のめくり合いは堀に軍配。これを寿人から打ち取り8000。横移動で小林がトップ目のまま推移していく。

清3局、ドラドラの寿人が中ポン、ドラポンのインスタントマンガンで仕掛ける。

先制テンパイは丸山。チートイツの7ソー単騎でテンパイし一旦ダマテン。

寿人が1-4メン待ちのテンパイ。さらに丸山が食単騎に受け変えてリーチ。

すると堀が食を一発で放銃。8000のアガりで丸山が僅差のトップ目でオーラスへ。

清4局、小林が清バックで1巡目から仕掛けていく。丸山はチートイツのイーシャンテン。

だが先制リーチは寿人。245メン待ちでツモって裏1なら逆転トップ。

これに小林が押していきカン5ドンのテンパイ。丸山は形式テンパイでなんとか喰っていく。

寿人がツモ条件と読んだ堀は5メンを押していき丸山をアシスト。

しかし丸山はテンパイできず。小林と寿人の2人テンパイで流局。小林が麺麺位を獲得した!

試合結果

優勝:小林剛   33800
2位:丸山奏子  31100
3位:佐々木寿人 18100
4位:堀慎吾   16000

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!