天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021ファイナル進出チーム決定!ファイナルシリーズのルールと結果についておさらい

2022年4月8日、Mリーグ2021セミファイナルの全日程が終了した。結果については以下の通り。

ファイナルは、セミファイナルのポイントを半分にして持ち越し、各チーム12試合ずつ戦って優勝チームを決定する。

ただし小数点以下の数字については小数点以下第2位を切り上げになる。たとえば1.5ptを半分にした場合0.75ptとなり、これを切り上げて0.8ptが持ち越しとなる。

したがって持ち越しのポイントは以下のようになる。

1位:KADOKAWAサクラナイツ   +124.3pts
2位:KONAMI麻雀格闘倶楽部     +92.5pts
3位:渋谷ABEMAS                        +62.0pts
4位:セガサミーフェニックス     +60.1pts

1位と2位が31.8pt差、2位と3位が30.5pt差、3位と4位が1.9pt差となっている。

トップと2着のウマとオカの差が40pt、その他は1着順ごとに20ptの差がつくため、下位のチームは12試合で3着順くらいの差をつければ優勝できることになる。

昨年までのMリーグファイナルの結果は以下の通り。

2018シーズン

優勝:赤坂ドリブンズ
準優勝:EX風林火山
3位:渋谷ABEMAS
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部

2019シーズン

優勝:U-NEXTパイレーツ
準優勝:セガサミーフェニックス
3位:渋谷ABEMAS
4位:KADOKAWAサクラナイツ

2020シーズン

優勝:EX風林火山
準優勝:KADOKAWAサクラナイツ
3位:渋谷ABEMAS
4位:赤坂ドリブンズ

渋谷ABEMASは4年連続、KADOKAWAサクラナイツは3年連続のファイナル進出となり、いずれのチームも参戦以来全シーズンファイナルへ進出している。

セガサミーフェニックスは2019シーズン、KONAMI麻雀格闘倶楽部は2018シーズン以来のファイナル出場となった。

こちらを見ていただければ分かるとおり、今回決勝に進んだチームは全チーム優勝の経験がないため、どのチームが優勝した場合でも初優勝のチームが出ることになる。

どのチームが優勝するかの予想は難しいところではあるが、筆者としては毎年ファイナルに進んでいる経験を買って、渋谷ABEMASが悲願の優勝を果たすのではないかと考えている。

また、ファイナル進出チームの決定に伴い、U-NEXTパイレーツのメンバー入れ替えが決定した。こちらの詳細は以下の記事を参照いただきたい。

4月26日更新

Mリーグ2021優勝はKADOKAWAサクラナイツとなった。詳細は下記の記事を参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!