天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグ2021 ファイナルシリーズ4日目試合結果 フェニックスが首位浮上!

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

これまでの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

前日までのポイント状況

1位:KADOKAWAサクラナイツ   +190.9pts
2位:セガサミーフェニックス     +133.4pts
3位:渋谷ABEMAS                        +45.2pts
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部      -30.6pts

第1試合の出場選手

東家:日向藍子
南家:岡田紗佳
西家:滝沢和典 
北家:近藤誠一

全体の展開

東場では滝沢以外の3者にアガりが出る展開。それぞれが自身の親番で1度アガり、子のときにもアガりを見せた日向と近藤が1着、2着。滝沢は苦しいラス目での南入となる。

南場でも展開は変わらず。滝沢は自分の親番に一度1000オールをアガるのがやっと。他3者は競り合った展開でオーラスへ。

オーラス0本場は岡田がメンホンチートイツのリーチ。ツモれば文句なしのトップ。出アガリでも裏条件。

近藤もドラの1pを暗刻にして勝負のリーチ。トップ目の日向もトップを守るために中暗刻の手で2軒リーチに押していく。熾烈なめくり合いとなったがここは流局。

オーラス1本場、岡田がツモれば逆転トップのリーチ。しかし、近藤と日向がオリ。滝沢も岡田から直撃なら逆転の可能性のあるリーチを打つが流局で決着。

ABEMAS日向が大きな1勝をモノにした。

第1試合の最終順位

1位:日向藍子 37500(+57.5)
2位:近藤誠一 32700(+12.7)
3位:岡田紗佳 23800(-16.2)
4位:滝沢和典   6000(-54.0)

第2試合の出場選手

東家:魚谷侑未
南家:佐々木寿人
西家:内川幸太郎
北家:多井隆晴

全体の展開

東1局は流局、東2局1本場は魚谷の300-500、さらに東3局も流局と静かな立ち上がり。

東3局1本場、寿人が魚谷からマンガンのアガりを決めると、東4局ではその魚谷がホンイツ仕掛けでマンガンのアガり。トップラス12000点ほどの平たい点数状況で南入。

南場でも寿人と魚谷の勢いは止まらず。南1局では寿人がドラのペン7mリーチ。山からラスト1枚をツモりあげての2000-4000。

流局を挟んで南2局1本場、魚谷がドラを暗刻にしての先制リ-チ。これをツモって2000-4000。

魚谷は南3局1本場でマンガンをアガりトップ目に立つと、南4局でも1000点のアガりをきっちり決めてトップを守りきった。

第2試合の最終順位

1位:魚谷侑未  36100(+56.1)
2位:佐々木寿人 34000(+14.0)
3位:内川幸太郎 22900(-17.1)
4位:多井隆晴    7000(-53.0)

2試合の合計ポイント

KADOKAWAサクラナイツ     -33.3pts
セガサミーフェニックス     +68.8pts
渋谷ABEMAS                        +4.5pts
KONAMI麻雀格闘倶楽部      -40.0pts

チーム順位

1位:セガサミーフェニックス    +202.2pts
2位:KADOKAWAサクラナイツ   +157.6pts
3位:渋谷ABEMAS                        +49.7pts
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部      -70.6pts

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!