天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 10月8日 4日目試合結果 沢崎がサクラナイツ初のトップを獲得!

f:id:cjr14137:20220219222049p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

前日までのポイント状況

1位:TEAM雷電                             +131.8pts
2位:渋谷ABEMAS                           +62.3pts
3位:赤坂ドリブンズ            +20.8pts 
4位:U-NEXTパイレーツ                   -2.5pts
5位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   -29.4pts
6位:EX風林火山        -44.3pts
7位:KADOKAWAサクラナイツ    -67.7pts
8位:セガサミーフェニックス        -71.0pts

本日の出場チーム

KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXTパイレーツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
EX風林火山

第1試合の出場選手

東家:内川幸太郎
南家:石橋伸洋
西家:高宮まり
北家:松ヶ瀬隆弥

全体の展開

東場の展開

東1局、松ヶ瀬の先制リーチ。これに対してドラ3の石橋が発ポンから押していく。さらに高宮もテンパイして追っかけリーチ。

だが同順に松ヶ瀬がツモ。裏2枚で3000-6000で快調なスタート。

東2局、高宮が5巡目先制リーチ。だが高宮の1人テンパイで流局。

東3局1本場、石橋がカン4sから仕掛けて喰いタンテンパイ。親の高宮がリーチにいくも、その宣言牌で石橋がアガり2000。

東4局、親の松ヶ瀬がダブ東暗刻のリーチ。これをツモって4000オールでトップ目からさらにリードを広げる。

東4局1本場、松ヶ瀬がドラのアンカン。終盤にリーチにいくが結局アガりは出ず。内川、高宮、松ヶ瀬の3人テンパイで連荘。

東4局2本場、内川と石橋の2人テンパイで流局。松ヶ瀬トップ目で南入した。

南場の展開

南1局3本場、高宮がドラドラ赤のリーチ。だがこれもアガりは出ず、石橋と2人テンパイで流局。

南2局4本場、松ヶ瀬がドラポンの仕掛けも、親番石橋が先制リーチ。ここに内川もピンズのチンイツで仕掛けてテンパイを入れる。

このめくり合いを内川が制し、3000-6000。供託と合わせて一気にトップ目の松ヶ瀬との差を縮める。

南3局、高宮が石橋から2900をアガり連荘するも、1本場では逆に石橋が高宮から8000直撃。

南4局は石橋がタンヤオイーペーコーのテンパイをダマに受け、内川から2600アガって3着を維持。松ヶ瀬がトップを獲得した。

第1試合の最終順位

1位:松ヶ瀬隆弥 42600(+62.6)
2位:内川幸太郎 29600(+9.6)
3位:石橋伸洋  20900(-19.1)
4位:高宮まり    6900(-53.1)

第2試合の出場選手

東家:二階堂瑠美
南家:伊達朱里紗
西家:朝倉康心
北家:沢崎誠

全体の展開

東場の展開

東1局、沢崎が4巡目に先制リーチ。これに伊達が5巡目に追っかけリ-チ。このリーチ対決、制したのは沢崎。2000-4000のアガりでまずは一歩リード。

東2局、朝倉が500-1000のツモアガり。東3局では瑠美が700-1300のツモアガりと軽い手で局が進行。

東4局、朝倉が先制リーチもアガりは出ず。親の沢崎と2人テンパイで連荘。

東4局1本場、朝倉が先制リーチも沢崎も追っかけリーチ。2人のめくり合いとなり、沢崎が競り勝つ。4000オールのツモアガりでリードを広げる。

東4局2本場、伊達が仕掛けて先にテンパイを入れるが、沢崎も仕掛けて追いつき1000オールでさらに連荘。

東4局3本場、伊達がドラ3のカン3mでリーチ。これに瑠美が放銃し8000。沢崎トップ目、伊達2着目で南入した。

南場の展開

南1局、親の瑠美が先制リ-チも中盤に伊達が追っかけリーチ。伊達が瑠美から5200をアガる。

南2局、親番の伊達に配牌ドラの役牌暗刻が入る。これを仕掛けて瑠美からさらに12000。沢崎に後ひとアガりまで迫る。

南2局1本場、伊達がまたもマンガンテンパイ。しかし、朝倉が仕掛けて2000のアガり。チャンス手をつぶし親番を持ってくる。

南3局、親の朝倉がリーチも1人テンパイで流局。1本場、瑠美がチートイドラドラのリーチ。同順に伊達が同じくチートイツで追いつくも、宣言牌を瑠美に捉えられ12000。

南4局、沢崎のトップはほぼ確定。2着の伊達と3着の朝倉が2800点差という状況。

伊達は朝倉に鳴かせないように絞りつつもテンパイ。朝倉もマンガンのテンパイを入れるが流局。結果着順は変わらず。沢崎がトップを獲得した。

第2試合の最終順位

1位:沢崎誠   48200(+68.2)
2位:伊達朱里紗 26000(+6.0)
3位:朝倉康心  23200(-16.8)
4位:二階堂瑠美   2600(-57.4)

2試合の合計ポイント

KADOKAWAサクラナイツ +77.8
U-NEXTパイレーツ            -35.9
KONAMI麻雀格闘倶楽部    -47.1
EX風林火山                        +5.2

チーム順位

1位:TEAM雷電                             +131.8pts
2位:渋谷ABEMAS                           +62.3pts
3位:赤坂ドリブンズ            +20.8pts 
4位:KADOKAWAサクラナイツ    +10.1pts
5位:U-NEXTパイレーツ                  -38.4pts
6位:EX風林火山        -39.1pts
7位:セガサミーフェニックス       -71.0pts
8位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   -76.5pts

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!