天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 10月5日 2日目試合結果 TEAM雷電2連勝!

f:id:cjr14137:20220219215948p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

前日までのポイント状況

1位:渋谷ABEMAS                           +68.5pts
2位:赤坂ドリブンズ            +43.5pts
3位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   0pts 
4位:TEAM雷電                               0pts
5位:U-NEXTパイレーツ                 0pts
6位:セガサミーフェニックス        0pts
7位:EX風林火山        -44.3pts
8位:KADOKAWAサクラナイツ    -67.7pts

本日の出場チーム

U-NEXTパイレーツ
セガサミーフェニックス
TEAM雷電
KONAMI麻雀格闘倶楽部

第1試合の出場選手

東家:小林剛
南家:茅森早香
西家:萩原聖人
北家:滝沢和典

全体の展開

東場の展開

東1局に親の小林がダマ18000を茅森からアガり、快調なスタート。

1本場は滝沢が1000-2000のツモ。東2局は萩原がダマのピンフを滝沢からアガって1000点。小林がトップのまま局が進行。

東3局でも小林は2000-4000をツモアガりリードを広げていく。

だが、東4局では萩原が小林から8000を直撃。萩原が2着目に上がり、小林と12000点差で南入した。

南場の展開

南1局、小林の1人テンパイで流局し連荘。1本場は萩原が1000-2000をツモ。小林との点差を縮める。

南2局、滝沢小林の2軒リーチに挟まれるも、親の茅森が2000オールで連荘。ラスからの脱出に皮一枚つながる。

しかし、南2局1本場、茅森が喰いタンの12000テンパイを入れるも、滝沢がメンホンのツモで3000-6000。茅森以外の3者の点数が並んだ。

南3局、親の萩原がリーチに行くが流局。続く1本場では萩原が2900をアガり、トップ目に浮上した。

南3局2本場、滝沢がアガってトップを逆転するも、南4局で萩原が2000-4000のアガり。萩原が熾烈な争いを制してトップを獲得した。

第1試合の最終順位

1位:萩原聖人 38600(+58.6)
2位:滝沢和典 33400(+13.4)
3位:小林剛  29000(-11.0)
4位:茅森早香  -1000(-61.0)

第2試合の出場選手

東家:佐々木寿人
南家:黒沢咲
西家:魚谷侑未
北家:瑞原明奈

全体の展開

東場の展開

東1局、東2局は小場で局が進み、ほぼ横並びの展開。

東3局、親の魚谷が先制リーチにいくと、次巡には黒沢が追っかけリーチ。この2軒リーチ、競り勝ったのは黒沢。魚谷から12000をアガり、一歩抜け出す。

東4局、黒沢がさらにリーチにいくが、親の瑞原が危険牌をプッシュ。追っかけリーチで黒沢から5800をアガる。

東4局1本場では魚谷が瑞原から2600をアガり。トップ目の瑞原が30400、ラス目の魚谷が18400と僅差の展開で南入した。

南場の展開

南1局、魚谷が6巡目に先制リーチ。これに瑞原が放銃し8000。瑞原が一気にラス目に。

南2局は瑞原が1000-2000をツモ、南3局は黒沢が瑞原からピンフの1000点。全員が2万点台の状態でオーラスに突入。

南4局、寿人が赤赤のカン6sで先制リーチ。だがラス親の瑞原も喰いタンで仕掛ける。結果、瑞原が寿人から1500をアガり、もう1局。

南4局1本場、さらに瑞原が寿人からリーチのみの2000点で連荘。

南4局2本場、魚谷がアガればトップの先制リーチ。だがこれに黒沢も仕掛けて追いつく。勝負は黒沢に軍配。300-500をツモアガり、瑞原をきっちり差してトップを獲得した。

第2試合の最終順位

1位:黒沢咲   30400(+50.4)
2位:瑞原明奈  28500(+8.5)
3位:魚谷侑未  23900(-16.1)
4位:佐々木寿人 17200(-42.8)

2試合の合計ポイント

U-NEXTパイレーツ            -2.5
セガサミーフェニックス -77.1
TEAM雷電                    +109.0
KONAMI麻雀格闘倶楽部 -29.4

チーム順位

1位:TEAM雷電                               +109.0pts
2位:渋谷ABEMAS                          +68.5pts
3位:赤坂ドリブンズ            +43.5pts 
4位:U-NEXTパイレーツ                 -2.5pts
5位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   -29.4pts
6位:EX風林火山        -44.3pts
7位:KADOKAWAサクラナイツ    -67.7pts
8位:セガサミーフェニックス        -77.1pts

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!